カードローンの審査に通らない場合はどうしたらよいか

カードローンに申し込んでも審査に通らない方がいるという体験談が載せられていることがあります。キャッシングやクレジットカード、分割契約の支払いで、3ヶ月以上の延滞がある場合や、債務整理をしている場合は、審査時に閲覧する信用情報に記載されますので、解決した日付を起点に、5年から7年くらい経たないと情報が消えず、通らない可能性が高くなります。
消費者金融の場合は、総量規制の対象となるため、申込者自身が安定した職業に就いて、返済出来るだけの収入を得ていることが必須条件となっているので、専業主婦やバイトをしていない学生は申し込めないことになります。なおかつ、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠を合算して年収の3分の1以内までの限度額とすることが決められていることから、すでに借入れ額がそれ以上になっていると、申し込みをしても通ることはありません。
年収の3分の1を超えた方、おまとめローンとして一本化したい方はもちろん、専業主婦やバイトをしていない学生は、配偶者や保護者に安定した収入があれば、総量規制の対象外となる、銀行のカードローンでお金を借りることを検討した方が良いと思われます。対応している銀行では、事前に他社借入を申告すれば、2、3社程度なら一本化できるように計らってくれたり、他の低金利のローンが使えるように便宜を図ってくれることもあります。また、専業主婦や学生の場合、限度額が低めの額に抑えられることもありますが、家族の了解を取ることなく、自分の身分証明書のみでも借り入れができる場合があります。